真剣な出会いを求めなければ相席居酒屋

男女が出会う環境として、ここ最近では「結婚相談所」や「~コン」などが増えてきていますが、同種の新興勢力としては「相席居酒屋」という選択肢も出てきています。
相席居酒屋が流行っている地域は主に都市部、しかも関東や大阪といった大都市圏での話ですが、地方にも人口密集地域には同種のサービス業があることも珍しくはありません。

相席居酒屋の魅力というと、「見ず知らずの異性と一緒に飲食を楽しむことができるところでしょう。
通常、見知らぬ男女が出会い、一緒に食事を楽しむ場というのは非常に限られています。
基本的には見知った人同士で楽しむものであり、新しい人脈を開拓する場としてはあまり多くありません。
その点、このビジネスモデルならば必然的に出会いが訪れる仕組みになっているため、これを欲している人からすれば非常に便利な方法です。

特に女性は無料で利用できる仕組みになっているためハードルが低く、中には無料で飲食することを目的に相席居酒屋を利用している人も少なくありません。
女性の飲食代は男性が負担するか、お店の仕様で無料になるかなのでリスクがなく、好きなだけ料理やお酒を楽しめる場としてマナーの悪い利用者もいるので注意が必要です。

そもそも男女の出会いは「興味」が重要な要素です。
日常生活の中でコミュニケーションをとる機会がある異性とはもちろんのこと、道端でナンパをする場合も男女どちらかが興味を持つことから始まります。
よくある「自然に付き合っていた」というシチュエーションもきっかけはどちらかが作っていて、それがあたかも偶然のように感じているに過ぎません。
状況としては「痘痕も靨」という状態です。

男性は本気で出会いを求めながら相席居酒屋を利用している人もいるでしょうが、女性の本気度はけっして高くありません。
もちろん、本気で出会いを欲してその場にいる女性もいますが、サービスの仕様上「飲食できる」というメリットの方が大きく、その副産物として異性とのコミュニケーションをとる機会が得られるという程度の認識がほとんどです。

つまり、相席居酒屋を利用する目的は本気の出会いを求めるのではなく、奇跡に近い偶然やほんの少しのチャンスを「楽しむ」ことを目的にした方が賢明でしょう。
その場で素敵な出会いを得らえる可能性はもちろんありますが、それを前提に行くのではなく「もしかしたら」という程度に軽くとらえ、メインの目的は「異性と場を囲める」というところに置いておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る